キャッシングを比較するときのポイント

キャッシングを利用するとき、
できるだけ有利で便利なサービスを利用したいと思うものです。
キャッシングを比較するときには、ポイントがいくつかあります。

金利について

まっさきに比較したいのが金利です。
キャッシングを提供している金融機関の種類によって大きく変わるのが金利です。
高所得者をターゲットとしている銀行は、融資限度額も高額なら金利も低めに設定されています。
低いものでは3%台前半という銀行系キャッシング(カードローン)サービスもあります。
逆に、高めの金利設定なのが消費者金融です。
審査の通過しやすさと融資限度額の小ささと反比例するように、金利も高めで、18%が一般的です。

融資限度額について

次に比較したいのが融資限度額です。
これから利用するという時に、上限の貸出額を検討することはあまり無いかもしれません。
急いで融資を受けたいときには、初回契約時の融資限度額の方を比較することになるでしょう。
消費者金融は10~30万円程度からのスタートになります。
一方、銀行では100万円程度からスタートとなります。

返済方法について

そして、返済方法もチェックしたいところです。
残高スライド方式と定額リボルビング方式が一般的です。
ですが、どちらか一方しか利用できないキャッシングサービスも中にはあります。

そして、利用できる提携ATMの数も利便性の面で比べたいポイントです。
コンビニチェーンによって、設置してあるATMの種類が違うので、
自宅や職場の最寄り店舗で使えるものを選びたいところです。